ノンエーは男性でも大丈夫?使い方と注意点、評判と向いている肌タイプを要確認

ニキビケアアイテムとして人気の高いノンエー。
男性からの評判・口コミはなかなか耳にすることがありませんが、男性のニキビにも効果的であるという報告があります。

ノンエーが向いている肌タイプは

ノンエーが向いている肌タイプは、脂性肌の男性。
肌がテカりやすく、べたつきがち。毛穴が開き、角栓が目立つ。肌のキメが粗い。
などの特徴に当てはまる男性は、ノンエーが向いています。

ノンエーはカリ含有石ケン素地をベースとし、ローヤルゼリーやヒアルロン酸、リピジュアなどの保湿成分をたっぷりと配合しています。
そのため、脂性肌の余分な皮脂をさっぱりと洗い上げるのに、保湿成分が程よく肌に残るので、潤いをキープ出来るのです。

ノンエーの特徴は、豊かな泡立ちです。一般的な石鹸のおよそ4倍もの弾力をもち、手のひらを下に向けても肌に密着したままで、落下しません。
この泡立ちを作り出すには、泡立ちネットでノンエーを揉み込むようにするだけ。
どなたでもたっぷりの豊かな泡で洗顔いただけます。

男性でも大丈夫?使い方と注意点

しかし、ここで注意点があります。
中にはノンエーに向かない方も居ます。

肌が粉を吹くほど乾燥している。
洗顔後のスキンケアはしない。
泡立てるのが面倒。

という方は、ノンエーの効果を得られにくいでしょう。

特に、乾燥肌の方にはお勧めできません。
ノンエーは皮脂をさっぱりと洗い流すので、より乾燥を酷くさせてしまう可能性があります。

また、洗顔後のスキンケアは肌に水分をたっぷりと与え、保護する大切なステップです。
肌に十分な水分があることで、ターンオーバーの正常化や肌の皮脂バランスを整えることが出来るのです。

そして、どのような洗顔料でも同じですが、泡立てずに洗顔してしまうと、指の爪などが顔に当たり、肌を傷つけさらにニキビを悪化させてしまう可能性があります。

しっかりとした濃密な泡で包み込むように洗うことが、肌への負担を少なくし、これ以上の悪化を防ぐのです。
これらのポイントを参考に、健やかな肌を目指しましょう。