グリチルリチン酸ジカリウムとニキビ跡※抗炎症作用の意味と副作用は要確認

ニキビ跡をケアする商品によく含まれている「グリチルリチン酸ジカリウム」。

この成分は一体どういった理屈でニキビ跡に効くのでしょうか?
それにはグリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用という働きに深い関わりがありました。

そんな、グリチルリチン酸ジカリウムですが、副作用はないのでしょうか?

これらの気になる点について解説します。

グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用と副作用とニキビ跡

グリチルリチン酸ジカリウムとニキビ跡

洗顔料や化粧水などニキビケアアイテムをよくチェックしてみると、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることが多くあります。

アイテムによってはグリチルリチン酸やグリチルリチン酸2kとも表示されますが、これらには抗炎症作用があると言われています。

そのため、ニキビの治療やニキビ跡のケアを効果的に進めることが可能です。

グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用とは!?

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料である甘草の根に含まれている成分で、甘草湯として使われています。

甘草湯は喉の痛みや口内炎に有効で、これらもグリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用の働きによるものと考えられています。

抗炎症作用は炎症の症状が広がるのを防ぐ働きのことを指します。

炎症の拡大を防ぐことができれば、つらい症状を緩和させ、治療もしやすくなってきます。

グリチルリチン酸ジカリウムのこの働きは医療薬にも利用されています。

風邪薬や抗アレルギー薬にも配合されることが多いので、飲んだことがあるという人も多いかと思います。

グリチルリチン酸ジカリウムの副作用

漢方として用いられることがあるグリチルリチン酸ジカリウムは、使用する場合は量に気を付ける必要があります。

何故なら、グリチルリチン酸ジカリウムには副作用のリスクが存在するからです。

必要以上に服用したり使用すると、偽アルドステロン症という症状があらわれる場合があります。

これは、アルドステロンという成分が過剰に分泌されること起こります。

血液中のアルドステロン量が多くなると、高血圧や低カリウム血症といった症状があらわれ、頭痛、吐き気、手足のしびれ、麻痺など引き起こす可能性があります。

たくさん使用すれば早く効果的にケアできるわけではなく、副作用を起こす危険があるので注意が必要です。

薬やサプリメントなど飲んで摂取する場合は、1日に40mgを超えないよう気を付けましょう。

塗り薬や化粧水など肌につけるアイテムは、グリチルリチン酸ジカリウムの含有量は100gあたり0.5%未満になるよう決められています。

使用量を守ることで副作用を防ぐことができるので、使う前によくチェックするよう心がけましょう。